毛生え薬(医薬品)は効果も副作用も最強@リスクのないおすすめは?

毛生え薬(医薬品)は効果も副作用も最強@リスクのないおすすめは?

医薬品の毛生え薬は塗り薬や飲み薬などの種類があり、効果が高い反面副作用も強いと言いますが、効果があってリスクがない毛生え薬は存在するのでしょうか?毛生え薬(医薬品)の種類による違いや効能・副作用を詳しく調べてまとめ、その上で効果があって副作用のリスクがないおすすめ成分を配合した毛生え薬をランキングで紹介します。医薬品の毛生え薬にはどんな効果・効能や副作用のリスクがあるのか、そして使ってもリスクがない毛生え薬はなんなのか、なぜ効果があってリスクがないのかを知りたい方はぜひ最後まで読んでみて下さい!

毛生え薬(医薬品)は2種類!塗り薬と飲み薬の違い

効果があってリスクがない毛生え薬を紹介する前に、まずは科学的に効果を認められている医薬品の毛生え薬について詳しく紹介していきたいと思います。

現在世に出回っている医薬品の毛生え薬に使われている成分は、なんと3つしかありません。

その3つの成分というのは、<ミノキシジル><フィナステリド><デュタステリド>です。もしかしたら聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

そして、これら医薬品の毛生え薬は大きく分けて、頭皮に直接塗る塗り薬と服用する飲み薬の2種類に分けられます。

医薬品の塗る毛生え薬で一番有名なのは「リアップシリーズ」ですね。

最近では「メディカルミノキ5」や「リグロEX5」、「ミノアップ」などのミノキシジル毛生え薬も販売が始まりましたが、知名度はまだリアップが1番ではないでしょうか。

ちなみに、医薬品で効果を認められている塗る毛生え薬にはミノキシジルを使ったものしかありません。

飲む毛生え薬で有名なものでは、「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」やフィナステリドを配合した「プロペシア」が挙げられますね。

また、最近ではデュタステリドを配合した「ザガーロ」という新しい毛生え薬もAGAクリニックなどで処方されるようになりました。

海外の毛生え薬はさらに種類が豊富で、有名どころだと「ロゲイン」や「カークランド」、「フィンペシア」などがあります。

色々な会社からジェネリック医薬品が販売されているため、日本国内よりも製品の種類が多いんですね。

このように世の中には塗る毛生え薬も飲む毛生え薬もたくさんありますが、どの毛生え薬も配合成分は上で紹介した3つのうちの1種類か、複数を独自にブレンドしたものです。

これら毛生え薬(医薬品)の塗り薬と飲み薬の違いは、効果・効能とその効き具合、そして副作用のリスクの大きさにあります。

基本的に医薬品の毛生え薬は、塗り薬よりも飲み薬の方が効果も副作用も強いです。

痛み止めなどの市販薬も服用するタイプの方が効果が大きいので、このことは感覚的に理解できるのではないでしょうか。

それではこの次は、医薬品の毛生え薬には具体的にどのような効果・副作用があるのかを見ていきたいと思います。

毛生え薬(医薬品)の効果と副作用まとめ

毛生え薬の効果と副作用:リアップ・ミノキシジルタブレット

国内で抜群の知名度を誇るリアップシリーズは塗る毛生え薬、ミノキシジルタブレットは飲む毛生え薬で、どちらもミノキシジルを主成分としています。

このミノキシジルは科学的に発毛効果を認められていますが、実は最初から毛生え薬の成分として作られたものではなく、高血圧を改善するための降圧剤として作られた成分なんです。

高血圧を治療するために服用していた患者から「毛が濃くなった」という効果・効能が多数報告されたことで、毛生え薬として使われるようになったわけですね。

ミノキシジルの発毛効果は、「髪の毛の素となる毛乳頭細胞や毛母細胞の細胞分裂を活性化する効果」によって髪の毛の成長が促されることによってもたらされます。

 

またミノキシジルは元々降圧剤で血管拡張作用があるため、その効果で血行が良くなり髪の毛に栄養が豊富に行きわたるようになるということも、髪の毛の成長に関わっているとされています。

医薬品であることからも分かるようにミノキシジルには高い効果がありますが、同時に副作用のリスクも高いです。

ミノキシジルの塗り薬であるリアップを使用して起きる可能性のある副作用はコチラ↓

リアップの副作用
・かゆみ、かぶれ
・動悸
・多毛症
・不整脈
・低血圧
・むくみ
・性的不能
・体重の増加
・手足、顔のしびれ

基本的に毛生え薬は飲み薬よりも塗り薬の方が副作用は少ないとされていますが、塗り薬でもここまでの副作用が起きるリスクはあります。

リアップで一番報告の多い「頭皮のかゆみ」という副作用は、ミノキシジルの効果によって血管が拡張されるために起こるものや溶剤に対するアレルギー反応によるもの、そしてミノキシジル自体が体質的に合わないことが原因として挙げられます。
とはいえかゆみ程度で済めばまだマシな方で、使用者の中には手足や顔がむくんでしまって使い続けるのが困難になってしまった方もいるようです。

このようにミノキシジルの塗り薬であるリアップの副作用でも十分怖いのですが、ミノキシジルの飲み薬であるミノタブ(ミノキシジルタブレット)はさらに強い副作用が現れる可能性があります。

ミノキシジルタブレットの副作用
・ニキビ
・頭痛、めまい
・多毛症
・性的不能
・重い低血圧
・不整脈、動悸
・皮膚の紅潮
・霞み目
・手足、顔のしびれや痛み
・性欲減退
・胸の痛み
・急速な体重増加
・むくみ

リアップと被る副作用もありますが、ミノタブは性欲減退や動悸などのさらに重い副作用のリスクがあります。体質なども関係してくるため副作用が出ないまま飲み続けられている人もいるようですが、ミノタブを飲んでいる方の口コミを見ると、ほとんどの方がなにかしらの副作用を感じているようでした。

薄毛やハゲを改善するために高い効果のあるミノキシジル毛生え薬を使用するのは良いのですが、同時にここまでの副作用のリスクがあるということは理解しておく必要がありますね。

>>副作用のリスクがない毛生え薬ランキングを見てみる

毛生え薬の効果と副作用:プロペシア(フィナステリド)

次はフィナステリドを主成分とするプロペシアという毛生え薬の効果・効能と副作用を見てきましょう。
プロペシアの成分フィナステリドも元々毛生え薬のための成分として作られたわけではなく、前立腺肥大を改善する成分として作られました。

そして副作用としてAGA(男性型脱毛症)を改善する効能が見られたため、毛生え薬として使われるようになったんですね。
AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンであるテストステロンが頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びついて、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが生まれることで起きる抜け毛です。

フィナステリドはこのうちの5αリダクターゼ酵素の働きを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑制し、それによってAGA(男性型脱毛症)を改善していきます。
フィナステリドの効果でジヒドロテストステロンが少なくなると髪の抜け生えのサイクル(ヘアサイクル)が整い、抜け毛が減って生えている髪の毛も太く強くなっていくんですね。

ミノキシジル毛生え薬であるリアップやミノタブと同様に、このフィナステリドを主成分とするプロペシアにも副作用のリスクがあります。
しかもプロペシアは飲み薬のため、副作用がかなり強めです。

プロペシアの副作用
・肝機能障害
・性欲減退
・ED(勃起不全)
・射精障害
・精液量減少
・睾丸痛
・男性不妊症
・精液の質低下
・めまい
・そう痒症
・蕁麻疹
・むくみ
・乳房障害
・抑うつ症状

いかがでしょうか?読むだけで怖くなってしまうような単語のオンパレードです…。

プロぺシアを飲んだからこれらの副作用が必ず起きるという訳ではありませんが、ここまでのリスクがあると考えるだけでもすごく怖いですよね。

プロペシアを飲んでいる方たちの口コミは高い効果を実感しているものが多かったですが、同時に性欲減退やEDなどの重い副作用を訴えているものも多かったです。

やはり飲む毛生え薬を使うときは、相応の覚悟をしておく必要がありそうですね。

>>副作用のリスクがない毛生え薬ランキングを見てみる

毛生え薬の効果と副作用:ザガーロ(デュタステリド)

最後は、最近日本でも取り扱われるようになったザガーロという飲む毛生え薬の効果・効能と副作用を見ていきましょう。

ザガーロの主成分はデュタステリドという成分です。

このデュタステリドも、フィナステリドと同様に元々は前立腺肥大の治療薬として作られた成分で、ジヒドロテストステロンの生成を阻害することで髪の毛の抜け毛を防ぎ髪の成長を促します。

フィナステリドと違う点は、対応できる5αリダクターゼの幅が広いことと、その効果の高さです。

先ほどのフィナステリドの説明では単に「5αリダクターゼ」と紹介しましたが、厳密にいうと5αリダクターゼには1型と2型のふたつがあります。

5αリダクターゼの型は頭の部位によって異なり、側頭部や後頭部には1型の5αリダクターゼが多く、頭皮の生え際とつむじ付近には2型の5αリダクターゼが多く存在しています。

そして、先ほどのフィナステリドは2型の5αリダクターゼしか阻害することができないのですが、デュタステリドは1型と2型、どちらのαリダクターゼも阻害することができるんですね。

また、デュタステリドは2型の5αリダクターゼを阻害する効果もフィナステリドの約3倍にもなると言われるほど強く、さらにフィナステリドでは不十分だった増毛効果も持っています。

 

増毛と言っても死んだ毛根から新しく生えてくるわけではなく、髪の毛が長く太くなって単一の毛根から生える髪の数が増えるのですが、それでもフィナステリドより遥かに効果が高いと言えます。

このようにフィナステリドより効果が高いデュタステリドですが、その分副作用もフィナステリドより強く現れます。

デュタステリドの毛生え薬ザガーロの副作用はこんな感じです↓。

ザガーロの副作用
・肝機能障害
・黄疸
・ED(勃起不全)
・性欲減少
・乳房障害
・精液量減少
・高悪性度前立腺がんのリスク上昇
・血糖値、血中脂質の増加

先ほどのフィナステリドと同じような副作用が多いのは、ハゲへの作用の仕方が似ているからでしょうね。

しかしデュタステリドには、黄疸や前立腺がんのリスクが上がってしまったりといったフィナステリドより重い副作用があるようです。

これに加えて、それぞれの副作用が出るリスクもフィナステリドより高いのですから恐ろしい限りです…。

今までに紹介した医薬品成分のミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドを配合した毛生え薬は、海外から個人輸入することも可能です。

しかしここまで副作用のリスクが高いことを考えると、自分だけの判断で服用するのは危険すぎますね。

もしこれら医薬品の毛生え薬を使うときは、病院やAGAクリニックで医師に処方されたものを使うようにしましょう。

>>副作用のリスクがない毛生え薬ランキングを見てみる

毛生え薬(医薬品)は副作用で女性や子供は使えない

上で紹介した医薬品の毛生え薬は女性や子供にも効果がある可能性がありますが、基本的に女性や未成年の子供への使用はNGです。

子供に関しては安全性と有効性が検証されていないということが理由ですが、女性に関しては男性が使用するよりも重篤な副作用が出る恐れがあることが大きな理由です。

特に妊娠中や授乳中の使用は胎児にまで影響を与えるため、医薬品の毛生え薬の使用は禁忌とされています。

フィナステリドやデュタステリドに至っては効果も副作用も強く、さらに皮膚からも吸収されてしまう特性から妊娠中・授乳中は触ることすら良くないとまで言われています。

ミノキシジルの塗る毛生え薬には配合濃度を低くした女性用の商品も売られていますが、副作用のリスクが高すぎるので基本的に女性と子供は医薬品の毛生え薬を使用しない方がいいでしょう。

もし女性がどうしてもミノキシジルの毛生え薬を使いたい場合は、必ず薬剤師や医師と十分に相談してから使うようにしてください。

>>副作用のリスクがない毛生え薬ランキングを見てみる

毛生え薬のおすすめ成分@効果ありで副作用なし

医薬品の毛生え薬の成分について詳しく紹介してきました。ここまで読んで頂けた方はわかると思いますが、医薬品の成分は効果も高い分副作用のリスクもかなり高いんです。

いくら効果があっても副作用が強いと怖くて使えないのですが、副作用のリスクなくハゲに効果的な成分はないのでしょうか?

…色々な成分を調べていたら、あったんです。副作用がないのに今まで紹介したような効果を持つ成分が。
ここからは、それらの成分について詳しく紹介していきますね。

毛生え薬のおすすめ成分<M-034>

まず紹介したい成分が<M-034>という成分です。読み方はそのまま、「エムゼロサンヨン」です。
ミツイシコンブという海藻のねばり部分から発見された天然成分であるM-034は、なんとミノキシジルと同程度の効果があるとされている成分なんです!

具体的な効果としては、血行促進作用によって頭皮の血流を良くし、髪の毛に栄養を満遍なく届けることで発毛を促進します。
また、毛根付近の外毛根鞘という毛を支える部分に作用して毛を抜けづらくし、髪の毛の成長期を延ばすことでハゲを改善する効果もあります。
ハゲへの作用の仕方もミノキシジルと似ていますね。

このM-034はミノキシジルと同程度の効果があると言っても自然由来の成分なので、副作用はもちろんありません。
リスクがなく確かな効果を持つ毛生え薬を使いたいのであれば、このM-034が配合されているものを選ぶことをおすすめします!

また、センブリエキスという成分にも高い血行促進効果があって薄毛に効果的なので、センブリエキスが配合されている毛生え薬もおすすめです。

毛生え薬のおすすめ成分<オウゴンエキス>

次に紹介したい成分は<オウゴンエキス>という成分です。
オウゴンエキスはシソ科のコガネバナという植物の根から抽出されて得られる天然成分です。

オウゴンエキスには医薬品成分のフィナステリドやデュタステリドと同様に、5αリダクターゼの働きを抑制することで抜け毛を抑制する効果があります。
5αリダクターゼはAGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを作り出してしまう酵素なので、5αリダクターゼの働きが抑制されれば自ずとAGA(男性型脱毛症)も改善していくんですね。

このオウゴンエキス以外で5αリダクターゼを抑制する効果がある天然由来の成分には、チョウジエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキスなどがあります。
オウゴンエキスと一緒にこれらの成分も配合されていれば、医薬品でない毛生え薬だとしても高い5αリダクターゼ抑制効果が期待できますよ。

また、最近ではマジョラムエキスというハーブ由来の成分を配合した毛生え薬も販売されるようになりました。
このマジョラムエキスには、毛根付近のコラーゲンをサポートして加齢が原因の抜け毛を抑制する効果があります。
オウゴンエキスと一緒にマジョラムエキスも配合されている毛生え薬を使えば、抜け毛対策はバッチリです!

毛生え薬のおすすめ成分<グリチルリチン酸2K>

最後に紹介したい成分は<グリチルリチン酸2K>という、甘草という植物の根に含まれる成分です。
グリチルリチン酸2Kは高い保湿効果と抗炎症効果を持つ成分で、頭皮環境を改善するのに大いに役立ってくれます。

髪の毛を増やしたいのに頭皮を潤してどうするんだ、と思う方もいるかもしれませんが、髪の毛を太く強くするためには頭皮から健康にする必要があるんですね。
しかし医薬品の毛生え薬は、実は頭皮環境を改善してくれるような効果のある成分を配合しているものはほとんどないんです。

髪の毛の素となる細胞は全て頭皮の中にあるため、頭皮が乾燥していたり炎症が起きていたりすると健康な髪の毛も生えてきてくれません。
医薬品の毛生え薬の効果は凄いですが、頭皮環境を改善するという点においては、このあと紹介する毛生え薬が完全に優れていると言えますね。

このグリチルリチン酸2Kの他にも、保湿効果の高いスサビノリエキスや抗炎症効果の高い塩酸ジフェンヒドラミンなどの成分も、頭皮環境改善には効果的です。

副作用のリスクなし!おすすめの毛生え薬ランキング

ハゲや薄毛に効果があって副作用がない成分を見てきました。
このあとは、これらの成分を配合している「効果があって副作用のリスクがないおすすめの毛生え薬」をランキングでご紹介します!

■商品紹介
前商品のブブカがリニューアルして生まれたブブカゼロは、ミノキシジルと同程度の効果を持つM-034の配合量が従来品の10倍にアップした今一番人気の毛生え薬です。さらにブブカゼロから新しく配合されたマジョラムエキスは他の毛生え薬にはない成分で、毛根付近のコラーゲンに作用して加齢による抜け毛を防ぐ効果があります。これに加えて、ブブカゼロにはAGAが原因の抜け毛に効くオウゴンエキスやビワ葉エキスなどたくさんの成分が配合されているのですが、それでいて副作用のリスクはないんです。このように、ブブカゼロの実力と安全性は他の毛生え薬が気の毒になってしまうほど高いんですね。定期初回にはシャンプーまでついてきてお得ですし、毛生え薬に迷ったらブブカゼロを選んでおけばとりあえず間違いはありませんよ!

■ブブカゼロの評価口コミ

(42歳 男性 会社員)Good! リニューアルを機にブブカゼロを購入してみました。定期購入をしたら初回にシャンプーがついてきて、まず衝撃!そして初めて使ったとき、あまりに使用感が良くてまた衝撃を受けました。以前リアップを使ったときは頭皮がピリピリしたので…。まだ3ヶ月目に入ったところなのですが抜け毛が減りましたし、気になるつむじの毛も太くなってきました。
(50歳 男性 自営業)Good! 加齢の抜け毛に効く成分も入っているということで、ブブカゼロを購入してみました。主にてっぺん辺りと生え際が薄くなってきていたのですが、お風呂上りにブブカゼロを付けていたところ産毛が増え、同時に抜け毛も減ってきました。一時期は年齢だから仕方ないと諦めたこともありましたが、ブブカゼロを購入して全て変わりました。
>>リニューアルで大幅進化!一番人気ブブカゼロの公式サイトはコチラ


■商品紹介
イクオスの特徴は、質の良い保湿成分が豊富に配合されていて頭皮環境の改善に効果的であることです。
主成分であるAlgas-2もM-034に保湿成分ペルべチアカナリクラタエキスを合わせたイクオスの独自成分ですし、他にもスサビノリエキスなど抜群の保湿効果を持つ成分も配合されています。
また、この他にもオウゴンエキスやビワ葉エキスなどの効果的な成分が万遍なく配合されているにも関わらず他の毛生え薬より価格が安めだ、ということもイクオスの特徴の一つと言えます。
全体的な効果としてはブブカゼロの方が高いかもしれませんが、コスパでいうとイクオスに軍配が上がります。もちろんこのイクオスも副作用のリスクはないので、安心して使えますよ!

■イクオスの評価口コミ

(25歳 男性 会社員)Good! 大学時代から大量の抜け毛に悩まされてきたけど、イクオスを使うようになってから頭皮が潤って驚くほど髪が抜けなくなった!前からフケも多かったから、もしかしたら乾燥が原因でいろいろ負のスパイラルに陥ってたのかもしれないなあ…。値段もそんな高くないから続けやすいし、効果はあってもかゆみとかが起きることもないからすごくいい。
(31歳 男性 自営業)Good! 以前ミノキシジルタブレットを飲んだら動悸とめまいがヤバくて使うのを断念したので、副作用のないイクオスを購入してみました。とりあえずなにか対策しなければ、という理由で使い始めたのですが、頭頂部の髪の毛にコシが出てきてボリュームが増したように感じます。医薬品ではないためあまり期待はしていなかったので、良い意味で裏切られましたね。
>>高い保湿効果で頭皮スッキリ!イクオスの公式サイトはコチラ
iqosbotan


■商品紹介
チャップアップは育毛効果実感度97%という実績を持つ毛生え薬で、効果があるのはもちろん、副作用のリスクもありません。
このチャップアップの主成分は血行促進作用があるセンブリエキスや、5αリダクターゼの作用を阻害するオウゴンエキス。
その他にも頭皮環境を改善してくれるグリチルリチン酸2Kや塩酸ジフェンヒドラミンなど80種類以上の成分を配合している、バランスの良い毛生え薬です。
特徴的で目立つ成分は配合されていませんが、チャップアップはこのバランスの良さと長年の実績で確かな信頼を勝ち取ってきた毛生え薬と言えますね。
「長い間、薄毛で悩む方に愛され続けている」という安心感を求める方には、このチャップアップがおすすめです!

■チャップアップの評価口コミ

(39歳 男性 会社員)Good! チャップアップを使い始めて4ヶ月。なんの対策もしてないときはかゆみにフケに抜け毛にと悩みだらけだった頭皮だけど、今では悩みなんてなくなった。排水溝に詰まる髪の毛をみてゲンナリすることもないし、頭がかゆくてかきむしりフケがパラパラ…なんてことも全くなし。副作用みたいのもないし、こんなに良い商品があるならもっと早く知りたかったってくらい気に入ってる。
(31歳 男性 自営業)Good! ネットでステマだなんだ言われていたので購入を迷っていましたが、定期便は解約も2回目からできるということを知って購入してしまいました。1ヶ月ではハゲが治るなんてことはありませんでしたが、頭皮が潤って調子が良くなったために継続を決定し、それから現在に至るまで約5ヶ月ほど使っています。冬場でも頭皮が乾燥することはなくなって抜け毛も減り、目立っていたつむじの地肌もそれほどわからないレベルまで回復して驚いています。
>>成分バランスが良いオールラウンダー!チャップアップの公式サイトはコチラ
chapupkousiki

以上が、効果があって副作用のリスクがないおすすめの毛生え薬ランキングです。

医薬品の毛生え薬は副作用のリスクが非常に高いですが、上のランキングで紹介した毛生え薬は全て副作用の心配をする必要はありません。

毛生え薬(医薬品)を使って強い副作用に苦しむよりも、これらの副作用のない毛生え薬を使ってハゲを改善していく方が賢いと思いますよ!

毛生え薬は効果があって副作用がないものを選ぼう!

医薬品の毛生え薬の効果・効能や副作用のリスク、そして副作用のないおすすめ成分を配合した毛生え薬について紹介してきました。

基本的に医薬品の毛生え薬は塗り薬よりも飲み薬の方が効果が高いですが、同時に副作用のリスクも高くなります。

起きる可能性のある副作用も塗り薬では頭皮のかゆみやめまいなど比較的軽いモノが多いですが、飲み薬はそれに加えて肝機能障害や黄疸、EDなどの重い副作用まで、多岐に渡るんです。

効果の高い医薬品の毛生え薬に頼りたくなる気持ちも分かりますが、もし毛生え薬を使うのであればこれらの副作用があるということも覚悟した上で使わなければなりません。

でもハゲを治すためだとしても、重篤な症状が出てしまうのは怖いですよね。リスクなしでハゲが改善できるなら、それをするに越したことはありません。

そんなときに思い出してほしいのが、副作用のリスクがない毛生え薬を使ってハゲの改善を目指すという方法もあるということです。

ランキングでおすすめした毛生え薬はミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品成分のように効果を認められてはいませんが、実際に使っている方の口コミを見ると抜け毛の減少やボリュームアップに成功したという評価が確かにあるんです。

医薬品の毛生え薬の効果の高さは大変な魅力ですが、副作用のリスクを避けたいのであれば医薬品ではない毛生え薬を使うという道も考えてみるのもアリだと思いますよ。

毛生え薬を使ってハゲを治すときは、効果だけでなく副作用にも十分気をつけて使う毛生え薬を選ぶようにしましょう!

>>副作用のリスクがない毛生え薬ランキングを見てみる

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ